【セレッソ】 vs サンフレッチェ広島 (2020年J1リーグ第28節)



 昨日、セレッソ大阪がロティーナ監督との来季の契約を結ばないという、理解できないし信じたくないニュースが報道され、サポーター間が騒然とする中で行われた今日の一戦。
 2トップは都倉と豊川で、左SBに片山、ボランチは木本と藤田、となると当然CBの一角に瀬古が入ったスタメン。
 ロティーナの去就問題でモヤモヤしたサポーターの不安を一蹴するような試合を期待したが、残念ながらお粗末な内容に終止し、0-1 で敗北を喫してしまった。


 C大阪 0-1 サンフレッチェ広島


 立ち上がりこそコーナーキックを獲得したが、その後は前半が終わるまで、ほぼずっとサンフレッチェのペース。セカンドボールは拾えず、ハイプレスをかいくぐれず、まともに相手陣内にボールを運べないという三重苦。
 確かに広島のプレスは効果的ではあったが、それならそれで空いたスペースへロングパスを入れるとか臨機応変に対応すれば良いのだが、不思議なほどプレスを真正面から受けてバックパスや横パスを繰り返し、どこにも出せずに苦し紛れで出したロングボールを拾われるという場面が、何度も何度もあった。
 GKキム・ジンヒョンがゴールキックを蹴ろうにも、ターゲットとなる味方が見つからず、なかなかリスタート出来ないというシーンも、一度や二度ではなかった。
 この2年間のビルドアップの成果は、どこへ消えたのだろうか。

 逆にセレッソのプレスは、いつもほどの連動性がなかった。どうも次点の選手のプレスが 1テンポ遅れ、このズレのために上手くかわされて、却ってカウンターを受けるという有様。
 特にボランチ二人のどちらかが前へ出てプレスをかけた際の、後ろのスペースを消す選手がおらず、自由に相手に大事なスペースでプレーをさせてしまっていた。
 失点シーンもそうだった。
 展開としては、右サイドで広島MF東に裏をとられたSB松田が必死に追うも間に合わずクロスを入れられ、PA内でCB瀬古が倒れながら頭で弾き返したが、PAすぐ外でボールを拾った広島FWレアンドロ・ペレイラに右足を振り抜かれ、ゴールを決められたという流れだった。
 このシーン、本来ならボランチの藤田か木本がレアンドロ・ペレイラをカバーしなければならないが、その前のプレーで藤田は前線にプレスをかけていて、戻りが間に合わなかった。ちなみに木本はそもそも何故か戻りが中途半端で止まっていた。
 失点自体の要因はいくつもある。裏を取られたSB松田は一瞬、完全にボールウォッチャーと化していて、広島MF東を追うのが遅れてしまった。一旦はヘディングでクリアーした瀬古も、ショートバウンドだったためセーフティーに低いボールを頭で跳ね返したのだろうが、キックでクリアーしていれば、失点にはつながらなかった。また得点を決めたレアンドロ・ペレイラに対するSB片山の寄せが甘かったなど。
 しかし何よりも、すでに二桁得点をマークしているレアンドロ・ペレイラに、あのスペースでフリーにボールを拾われては、もうどうしようもないだろう。ディフェンスラインと2列目の間を埋めるという、選手間の意思の疎通が乏しいことで招いた失点であった。

 ちなみにサンフレッチェは、この得点シーンにかかわらず、ボールを奪ったら手数をかけず前へ送ることを徹底していた。
 奪ったらワンタッチで前線へパスを出す。セレッソが今季、川崎フロンターレと対戦した際も、ダイレクトでボールをつながれた末にゴールを決められていたが、サンフレッチェはスカウティングでその辺りの事は仕込まれていたのだと思う。
 今日の失点シーンも同様で、裏を取られたパスも、そこから中へ入れたクロスも、いずれもワンタッチだ。あのクロスがワンタッチでなければ、恐らくSB松田の戻りが間に合っていたのではないかと思う。
 またサンフレッチェは前線の選手が「間で受ける」ポジショニングも徹底していた。これによりセレッソのDF陣は少なからず混乱していたように見えた。
 つまるところ、サンフレッチェの方が相手を研究し、しっかりとした対策を練ってきたということだ。

 試合は結局、この1点を守りきられ、0-1 で終わっている。
 しかしその中で後半の62分に、広島FWレアンドロ・ペレイラが2枚目のイエローカードを提示され、退場になるという展開があった。
 数的不利になったチームはこういう場合、追加点を狙わずに5バックにして、守りに徹することが多い。以前、似た状況に置かれたセレッソもそうだったし、今日のサンフレッチェも同様だった。
 ところがセレッソは、このギチギチに守る広島に対し、ゴール前へクロスを入れるばかり。
 守る側からすれば、クロスはとにかく跳ね返せば良いので、DF間に混乱は生じない。セレッソがユン・ジョンファン時代から守りに徹する時が、まさにそうだった。
 それなのに今日のセレッソは、サイドからボールを放り込むばかり。それで約30分という時間を浪費し、1点も奪えぬまま試合終了のホイッスルを迎えている。
 人数が多いのだから、多少強引でもドリブルでペナルティ・エリアへの侵入を図ったり、ミドル・シュートを放ったり、逆に細かいパス交換でゴールを目指すなど、様々な攻撃を繰り返せば相手の守りも崩れるし、場合によってはPKを獲得できる可能性もある。
 今日のように何のアイデアも工夫もなく、クロスを入れるだけでは、一定以上の守備力をもつチームからは点は奪えない。
 なんともレベルの低いゲーム運びで、勝ち点を与えてしまった一戦となった。


 選手採点(セレッソのみ)


GK
キム・ジンヒョン 4.5
失点シーンはともかく、90分を通してキックの精度が非常に低かった。フリーでパスを受けてくれる味方がなかなか見つからなかったのだろうが、それでも彼の蹴ったボールが相手に渡るシーンが多すぎた。


DF
松田 陸 4.0 (46分OUT)
前半に余計なイエローカードを貰っていたこともあって、後半スタートからベンチに下がったが、カードがなかったとしても低調なパフォーマンスだった。

マテイ・ヨニッチ 5.0
少なくとも守備に関しては、周りの選手がチグハグな動きをする中、自らの仕事はまっとうしたといえる。彼に非はないが、あの1失点が悔やまれる。

瀬古 歩夢 4.0 (58分OUT)
すでに記した通り、失点シーンは頭ではなくキックでクリアーするべきではなかったか。(結果論かもしれないが)

片山 瑛一 4.5
彼の強みは、今日の試合ではまったく発揮されず。ロングスローも身体の強さも、得点にはつながらなかった。というか以前にも書いたが、セレッソに来てから彼のロングスローが得点に結びついたのは、一度もないと思うぞ。


MF
坂元 達裕 5.0
今季の試合は途中からずっと、彼に対するチェックが激しいが、今日は特に「絶対に前を向かせない」という確たる意思が、サンフレッチェから感じられた。サイドアタッカーなのに前を向かせて貰えないとなると、プレーとしてはかなり厳しい。

木本 恭生 4.0
全体的に精彩を欠いていた。攻撃も守備も判断が遅く、重心を後ろに下げた相手を崩すアイデアも乏しかった。

藤田 直之 4.5 (84分OUT)
不用意に前へ出て、後ろのスペースを使われたシーンがあった。それ以外、良くも悪くも特筆すべきプレーはなし。

清武 弘嗣 5.0
華麗な個人技も披露。後半の58分には広島PA内で胸トラップからのワンタッチで一人かわしてゴールへ迫ったが、サンフレッチェGK林の素早い飛び出しによって、得点ならず。


FW
都倉 賢 4.0 (46分OUT)
前線でまったく基点になれず。その体躯でボールを収められないのなら、スタメンで出場する意味がない。

豊川 雄太 4.5 (58分OUT)
広島ディフェンスラインを下げる役割も負っていたと思うが、あまり遂行できず。それに彼がピッチに立っている間は、まともに前線までボールを運べなかった。



交代出場

丸橋 祐介 4.5 (46分IN)
右SB松田がベンチに下がったことで、片山が右へ移り、丸橋が左SBへ。しかし効果的なオフェンスは出来なかった。

西川 潤 4.5 (46分IN)
悪くはないのだが、膠着した試合を揺り動かすほどの打開力はなかった。

奥埜 博亮 5.5 (58分IN)
彼が途中出場してから、ようやくボールが回りだした。近代サッカーにおいてポジショニングがどれほど大事か、彼を観ていれば分かる。

ブルーノ・メンデス 4.0 (58分IN)
数回、得点のチャンスはあったが、いずれも決められず。彼の途中出場いつも、効果的とは言い難い。

高木 俊幸 ー (84分IN)
今日に限っては、もっと早く彼を投入するべきだった。相手がゴール前をガチガチに守る中、足技で相手選手を釣り出し、カットインやクロスを入れていた。



監督
ロティーナ 4.0
今季ワーストともいえる前半の内容に対し、後半修正してきたのは彼のハーフタイムでの指示によるものだろうが、試合を通じてとにかく低調なフォーマンスだった。





 最後に、どうしてもロティーナのことについて触れておきたい。
 他チームのサポーターが羨む智将を自ら手放すなんて、信じられないというか、理解できないことだ。しかも後任に名波氏の名も挙がっている。どうして現在J2にいるジュビロ磐田を降格させた張本人が、J1でそれなりに上位にいるロティーナより評価されるのか、ちっとも理解できない。
 思えばちょうど4年前、川崎フロンターレと互いに初タイトルをかけ、ルヴァンカップの決勝を戦った。当時、両チームとも無冠で、勝てば初タイトルという大一番だった。
 結果はセレッソの勝利。しかもその年は天皇杯まで獲った。J2から昇格プレーオフでJ1に返り咲いたばかりのセレッソに2冠をもたらしてくれたユン・ジョンファンだったが、その翌年の終わりにクラブは延長オファーを出さず、ロティーナを招聘した。
 ロティーナはロティーナで、二桁得点をマークするFWのいない選手層をやりくりして、2季連続でそれなりに上位の順位でフィニッシュしようとしている。
 この4年間、降格の心配は皆無だった。これはセレッソの歴史を紐解けば、とても重要な事実である。
 なぜクラブは、自らチームを窮地に追い込むのか。
 4年前ルヴァン杯決勝を戦った時、フロンターレはすでに鬼木監督だった。現在も彼はチームを率い、今季は異次元の強さでリーグ優勝を果たそうとしている。
 翻ってセレッソは、鬼木監督に勝るとも劣らない名将を、同じ4年の間に二度も切ろうとしている。
 昨日、Twitter でも述べたが、報道通りフロント側からロティーナへ契約更新を提示せず監督が交替し、もし来季J2へ降格するような事があれば、もうセレッソから距離を置こうと思う。
 そのときは、今さら他チームのサポへ鞍替えすることも出来ないので、Jリーグから離れるということだ。
 サポーターとは違う景色が見えているとしか思えないクラブを応援しても、この先も繰り返し悲しい思いをするだけだ。
 あくまでJ2降格という結果になればの話だが。
 そのときはブログのタイトルも変えないとなー等と思う昨日今日である。
 とにかく残念で、フロントに対するやり場のない怒りしか湧いてこない。





関連記事
セレッソ

Comments 0

Leave a reply